スポンサーサイト

  • 2013.03.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    3人の高校生ボランティア

    • 2012.10.06 Saturday
    • 23:57
     

    「まごころ広場うすざわ」がスタートしたのは昨年52日。何も無い草が生い茂っている所に、遠野まごころネットの災害ボランティアとともに、プレハブを設置し、短管パイプの骨組みに波板トタン屋根、更に、長机にパイプイスを置いただけなのに多くの被災者が利用してくれました。


    クリックで挿入

        開所当時のまごころ広場     

     

    まごころ広場の運営には、多くのボランティアも参加し様々なイベントを開催していただきました。

    ボランティアの中には多くのリピーターもあり、その方々が日々の活動の中で広場を育ててくれました。

     

     でも、それ以上に被災者もスタッフとして運営に参加してくれたことが大きかったのではないかと思っております。

    その人達は、広場を利用する被災者のため、毎日、食材を持参して調理して食べさせてくれました。勿論、ボランティアもご相伴に預かったことは言う迄もありません。

     

     広場の利用者は日々異なりますが、人数の多少に関わらず素早く調理して出してくれるあの技は本当に見事なものでした。

    広場には全国各地から多くの食材の支援があったものの、被災者でありながらも毎日、手を代え品を代えて調理する姿にはただただ脱帽するばかりでした。


    時間が経つに連れて活動の仕方も異なってくるのは確かです。

    多くの方々のご支援があって、まごころ広場も現在では、当時ボランティアをしていた被災者を中心にお好み焼きやお弁当屋さんに変わりました。


    クリックで挿入

        現在のまごころ広場


    しかし、被災地でのボランティア活動の原点は決して変わらないはずです。

    今日も金沢市から来た男子高校生が、まごころの郷でボランティア活動を行ってくれました。

     

     彼らにボランティア活動をするキッカケを尋ねたところ「被災者の笑顔が見たいから活動したい」と言う言葉を聞き、この子供達の純粋な気持ちに心を打たれました。

     

     被災地には多くのボランティアが活動しているが、私から見ると本来の目的を間違えているような人も見受けられます。

    そう言う状況の中で、3人の若者のひたむきな姿に救われたような気がしました。

    スポンサーサイト

    • 2013.03.25 Monday
    • 23:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      ブログランキング

      一人でも多くの方にこのブログを訪問していただきたく、ブログランキングに参加しています。一日1回のポチをお願いいたします。 にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM