スポンサーサイト

  • 2013.03.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ボランティア活動に想う

    • 2012.06.12 Tuesday
    • 23:32
     昨年3月11日の震災以降、国内はもとより世界各地から多くのボランティアが被災地の復興支援のために駆けつけてくれました。
    被災前までは私を含めて大槌町民の多くは、ボランティアとはどういう活動するものか、全く理解していなかったのではないかと思います。


    震災直後の瓦礫撤去、避難所の物資は移送や家事サポートなどの緊急支援、避難所から仮設への移行に伴い、地域との対話のための支援活動、更には自立や地域の再生のための地域興しへの支援など、自立・生活再建への持続的で多面的なサポートをしていただきました。
    活動にあたっては、被災地の方々と対話しながら、地域が育つことを考え、更に、被災地の人が求めるものをつくりだしていただきました。
    このような活動を身近に見て、「ここまで支援してくれるのか」と被災者は本当に喜びの声をあげております。


    しかし一方では、「自分たちがこのように立ち上げた」、「このような施設を整備してやった」など、自分たちの活動に対する評価を求めるようなボランティアの動きがあるという噂も聞こえてきます。
    あくまでも被災地•被災者のために何ができるか、また、「被災者を支えたい」、「被災地の力になりたい」という気持ちが重要ではないでしょうか。


    更に、「ボランティアが持ち帰るのは思い出だけ、成果は被災地において行くベきである」と、私は常に考えております。
    被災地では瓦礫が撤去されたものの、復興に向け個人ボタンティアから多くの企業まで、息の長い支援活動が必要です。


    このような中、被災地で活動するボタンティアは評価を求めるのではなく、Volunteerの語源であるVoluntaryの意味である「誰かに言われなくても進んでやろうとすること」をもう一度思い起こして活動して欲しいと願っております。


    スポンサーサイト

    • 2013.03.25 Monday
    • 23:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      ブログランキング

      一人でも多くの方にこのブログを訪問していただきたく、ブログランキングに参加しています。一日1回のポチをお願いいたします。 にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM