スポンサーサイト

  • 2013.03.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    安渡復興米

    • 2012.05.28 Monday
    • 22:40
     

    先週の土曜日、まごころの郷で田植えを行いました。

     

    植えつけたのは、津波後、安渡の菊池妙さんの庭先に流れ着いた一株の稲が力強く根を張り穂を付けた稲穂を、今年、苗として育てたものです。

     

    妙さんをはじめ、仮設の人や、まごころの郷付近の住人の方、二十数人で、百本近くの苗を植えました。

     

    妙さんは、まるでわが子のようにかわいいと話していらっしゃって、皆で復興のために是非根付いて欲しいねと話ました。

    ここ大槌は、まだ復興とは名ばかりの状況。これを契機に、復興のシンボルとして、岩手のブランド米として、多くの人に味わってもらえるようになればという思いで、「安渡復興米」と名付けられました。

     

    田植えが終わり、皆さんに、まごころの郷ができた経緯を話してくれと言われて、今までの事をお話ししました。

     

    まごころの郷は、ここに仮設住宅ができると聞いた被災者の方が、是非ここにも、まごころ広場のように、皆で集まれる場所を作って欲しいと言われて作りました。

     

    最初はトラクターすら入れないような荒れた場所だったのですが、大きな切り株や、私よりも背の高いブッシュを人の力で取り除いて、切り開いた場所です。
    今思えば、まだ暑い頃から、寒くなるまで、1000人以上ものボランティアの皆さんが協力して下さって、4m四方の家庭菜園が50区画ほどできました。今は、是非まごころの郷に植えてくださいと、多くの方が、ご好意で送ってくださった夏野菜などを植えています。

     

    近くで作業をされていたご家族の方は、家庭菜園で作業をするのが楽しくて、仮設を出るのが嫌になりそうだと話していらっしゃって、周りの皆さんも、そうだそうだとうなずいておられました。

    もちろん、ずっと仮設にいるわけにはいきませんが、そんな風に皆さんに喜んでいただけて、私も日頃の疲れが一気に吹き飛ぶ思いでした。

     

    皆さんに、まごころネットには感謝していますと言われたのですが、ここは、地元の方の思いと、たくさんのボランティアの皆さんの汗が実を結んでできた場所なのだと思います。


    田植えをされている菊池妙さん


     

    家庭菜園を楽しんでいるご家族の皆さん

    スポンサーサイト

    • 2013.03.25 Monday
    • 22:40
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      昨夏の超暑い時期に身の丈以上も有る藪刈りから始め株起し,石拾い,耕運,田畑作り,花壇づくり,冬の凍土を割っての畑づくり・・・・・懐かしい!
      遂に田植えができるようになった.「万歳!バンザイ!ばんざい!」
      臼沢さんの記事を読ませていただいて,現況が判り安心しました.きっと折を見つけて伺います.
      • 池田ゴン爺
      • 2012/06/02 11:26 PM
      池田さんをはじめ、多くの方が開拓した荒地に復興の種が蒔かれております。
      今日は、地元の水道屋さんがボランティアで井戸掘りを行う予定です。
      被災地に素晴らしい財産を残してくれた池田さん達に、農園利用者も感謝しております。
      機会を見つけて現地の方々に当時の思いで話を聴かせてください。私も、折に触れて近況をお知らせします。
      • 臼澤 良一
      • 2012/06/08 7:28 AM
      先日、カモミールのことと、本のことで、お手紙差し上げたものです。きっとお忙しいので、ご連絡お願いしたほうがいけなかったのでしょう。津波の後に、けなげに咲いていた花から、福岡の地で、芽を出したくさん花をつけました。乾燥させて、ハーブにしています。種用に、今花を乾燥させています。昨年は、7月に蒔いたものから、11月に花をつけ、冬を越し、5月6月たくさん花をつけました。届けたかったのですが、後日郵送します。皆さんで、ハーブティを楽しんでください。種も取れるといいのですが、まだそれからは芽が出ませんので、種用のものも送ります。発芽するといいのですが。皆様のご活躍を応援しています。
      • 篠崎みどり
      • 2012/06/08 11:34 PM
      臼澤様・・・貴方様に連絡して正しいのかどうか解りませんが、私は昨年5月に大槌町に末村女史の紹介で太陽光発電によるぬくもりの椅子を提供した久木元悦子です。あの椅子がお役に立っているのかどうか、とても気になっておりメンテナンスに伺いたいと考えておりました。どちらに伺えば良いのか又何処に有るのかをお教え頂ければ幸いでございます。
      7月にカモミールを送らせていただいたシノザキです。9月9日に種を蒔きましたら、5日ほどで、小さな芽がたくさん出ました。それで、近所の足白小学校の子供たちに、震災後の大槌町の様子と、その中で、けなげに、たくましく咲いていたカモミールの話をして、育ててもらうことになりました。




      • しのざきみどり
      • 2012/09/20 12:30 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << January 2019 >>

      ブログランキング

      一人でも多くの方にこのブログを訪問していただきたく、ブログランキングに参加しています。一日1回のポチをお願いいたします。 にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM