スポンサーサイト

  • 2013.03.25 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    太い絆を

    • 2012.05.15 Tuesday
    • 00:15

    去年の今頃は、まだ被災者達は避難所にいました。支援が始まって2か月。道路もずたずた。どのボランティアセンターも猫の手も借りたい状況でした。

    そのような中で、被災地復興のために、色々なボランティア達が必死になって汗を流して活動していました。今思えば、本当に苦しい時期でした。


    それに比べると、今は被災者達も仮設に入り、落ち着きを取り戻しつつあって、少しずつですが、物事が良くなってきているのが感じられます。
    とはいえ、まだまだ復興とは程遠い状況。


    被災地で活動していると、仮設に入っている被災者達から、NPONGOに、なんとかしてもらえないかという声はまだたくさんあります。

    しかし、一方では、行政サイドから、自立を妨げる可能性があるので、ボランティアは遠慮してくださいというような声も聞こえて来たりします。

    今は、地域の自立や生活再建に向けて、多面的なサポートが必要な時期。今の状況で、ボランティアが来る事が自立の妨げになるというのは、果たして本当なのだろうかと考えてしまいます。



    行政には行政にしか、ボランティアにはボランティアにしかできないことがあります。

    私はいつも思っているのですが、ボランティアは、多様なニーズに対応すべく頑張っているのですが、行政から見たボランティアに対する意識はあまりにも狭い範囲で物事を見ているように思います。
    しかし逆に、ボランティアは行政が目の届かないような、細かい所に入っていく事ができます。


    今はまだ、もっともっとボランティアに入ってもらって、行政や社会福祉協議会の目が届かない所を任せ、行政はもっと大きなところでイニシアティブをとって、行政とボランティアが一緒になって地域づくりを誘導していくような環境が求められているのではないかと思っています。

    行政は、行政ができない事を NPO に委ねるという事で良いのではないでしょうか。



    ここ最近、色々な意味で行政がボランティアサイドに手を差し伸べる事が少なくなっているような気がします。一方、町の中ではもっとボランティアを入れてくださいという声がある。行政の視点と、町の声が一致していないというのは、私としては非常に残念なことだと思います。


    しかし、こういう事は、お互いただ感じているだけではだめで、やはりきちんと話し合わなくてはいけません。それぞれにできる仕事、できない仕事があるわけですから、手を取り合い、連携を保って地域づくりを進めていかねばと考えています。


    それには、行政とボランティアの間に、太い絆が必要です。



    先週の土曜日、新おおつち漁業協同組合の、下村組合長とお話しをさせていただきました。

    下村さんのお話では、組合はようやく前を向いて歩き始めた所だが、まだまだ先が見えない状況だとのこと。そうした中、行政はもちろん、NPO団体にももっとできる事があるはず。漁業は大槌の基幹産業。その復興のために、色々な意味で協力してくださいとお願いされました。

    私たちも、その期待に応えられるよう、一所懸命に耳を傾けて、汗を流さなければなりません。


    下村さんの大きな手と握手しました。漁業で鍛えたたくましい腕から「一緒にやって行こう」という海の男の思いが伝わって来ました。




    下村組合長と私

    スポンサーサイト

    • 2013.03.25 Monday
    • 00:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      ブログランキング

      一人でも多くの方にこのブログを訪問していただきたく、ブログランキングに参加しています。一日1回のポチをお願いいたします。 にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM